ランクング参加中

↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

脱衣所の暖房にシーズヒーターを購入

暑さより寒さが苦手です。のだこです。

この冬一番の寒波がやってきたということで、今朝は各地で氷点下となったようですね。ありがたいことに寝るときもエアコンを低めの温度にしてつけっぱなしにしているし、朝は外に出ないのでぬくぬくとすごしています。

スポンサーリンク

温度・湿度管理は客観的に

ずっと末端冷え性だったのが、出産後は体質が変わったのか、まだ体重が戻っていないので寒さを感じることが余りなくなりました。

自分の暑さ・寒さの感覚は当てにできないので子供のベッドサイドには温湿度計を置いています。

温度は20~22度、湿度は45~55%くらいになるようにエアコン、加湿空気清浄機をつけています。

脱衣所のヒートショック対策

お風呂に入れるときも、浴室暖房で温め(暖房がない場合はシャワーで湯船にお湯を入れると温まるそうです)、脱衣所の暖房もつけておきます。

脱衣所の暖房に、去年シーズヒーターを購入しました。

コロナの電気ストーブ、コアヒートスリムです。シーズヒーターとはカーボンヒーターより遠赤外線放射量が高く、熱源が赤くなりません。カーボンやハロゲンより熱くなるのは少し遅いですが、暖かさはシーズヒーターの方が上かと思います。

スポット使用が本来の目的の暖房ですが、脱衣所のスペース(1畳くらい?)であれば、お風呂から出るときにはヒヤッとした感じがなくなり、寒い寒い~~と慌てて服を着る必要がなくなります。赤ちゃんの方に向けないようにして使っています。

脱衣所では子供と自分の体をふくだけ、自分はバスローブを羽織り、子供はバスタオルにくるんですぐにリビングに移動します。わずかな間だけですが、その間の寒さがなくなるとずいぶん違います。

夫は朝シャワーを浴びるのでヒヤッとしたのがなくなったと好評。私も洗濯物を浴室に干したり作業する際に温かいので快適です。軽いので他の場所への移動も楽々。

こちらはスタンダードタイプ。こちらは脱衣所に置くには大きすぎると思うのでスリムタイプを買って正解でした。

今度引っ越すときは脱衣所の冷暖房もチェックしようっと

ぽちっと応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする